トップページ

はじめに 

 最近、アメリカのTIME詩が、“最も影響力のある100人”に片づけコンサルタントの近藤麻理恵さんを選出したことが話題になりました。
片づけや、断捨離、ミニマリズムという考え方が流行っており、自分の部屋を写真に撮り、ブログやホームページに載せている方が多く見受けられます。スッキリと片付いて、とても綺麗な部屋です。
 複数のサイトを見ていて気が付いたことは、そういった方の大半は、築何十年というような古い家に住んでいない方が多く、ほとんどの方が、新しいタイプの家に住んでおり、収納機能が充実していたり、もともとのインテリアがお洒落だったりします。
そんな家に住むことができたら、自宅をカフェやホテルのように、お洒落でスッキリとできますし、自分の好きな部屋にする可能性が無限なので、片づけも楽しくなるだろうと思いました。
 私が住んでいる家は、写真を載せて人に紹介したいほどの洒落な家でも新築でもないです。
いつか不動産を売って、新しい家に住むときは、お洒落なインテリア、収納のことなどに、こだわった家に住んでみたいものです。
そんなことを考えながら、よく不動産査定サイトなどを見ています。

マンションにしても、一戸建てにしても、売る一番大事になってくるのは、どれだけ高く売れるかですからね。
こうした、マンションや家を高く売る方法について詳しく書かれたサイトを逐一チェックしているというわけです。

◆参考サイト:>>マンション・家を高く売る方法

 立派な家ではなくとも、今、住んでいる家を、少しでも見た目が良い綺麗な家にするために、掃除して、片づけて、古さを感じさせないように努力することはできます。
 忙しい毎日で家事や掃除に時間をかけるのが難しくても、最小限の心がけで綺麗な部屋を維持するためにやれることをまとめてみました。また、自然にやさしい酢や重曹を使った掃除方法を調べてみました。

綺麗な部屋を維持するコツ

 片づけ・掃除を、いつ、どのようにするのか。
土日、祝日など、まとまった時間がとれる日に、1日使って、一挙に片づけ・掃除を行う方法があります。
充分な時間が取れるので、隅々まで綺麗にすることができます。
また、家全体の、物の置き場や量を把握できるため、同種類の物が、別々の部屋に散らかっている場合、同種類のものを持ちすぎている場合など、収納場所を考えたりや物を減量する時に、この方法は適しています。
 綺麗な部屋を維持するという観点からはどうでしょうか。
一挙に片づけ・掃除する方法では、例えば、休みの日に用事が入った場合は、片づけができなくなり、散らかったまま、次の一週間を過ごすことになります。また、休みの日に、まとめてやるから大丈夫という気持ちになり、片づけを怠りがちになります。
普段の片づけ・掃除は、一挙にやる方法よりも、こまめにやる方法の方が、毎日少しの時間を見つけて片づけようと心掛けるようになり、綺麗な部屋を維持する事に適しているのではないかと思います。
今、部屋がかなり散らかっている、物の置場が定まっていないという方は、まず、一挙に片づけ・掃除する方法を行ってから、こまめに片づけ・掃除する方法を継続すると良いと思います。