リビングと寝室

リビング・寝室の特徴 

 リビングは、家族全員が使用する部屋ですので、物も多く、とても散らかりやすい部屋です。
また、寝室は、布団があるため、ホコリがたまりやすいです。
以下の点に気を付けて生活すると良いのではないでしょうか。

リビングで気を付ける事

・ソファには、物を置かない
 ソファには、スペースが空いているので、ついつい洋服や鞄など物を置きたくなってしまいます。
 そうすると、物置のようになってしまって、座ることができなくなります。これでは、ソファの意味がなくなってしまいます。
 ソファは、家族で座ってくつろぐ場所という認識を強く持ち、物を置かないように心がけます。

・テーブルに置くものはリモコンのみと決める
 テーブルでは、ご飯を食べたり、事務作業したり、パソコンを使ったりすることが多く、物が散らかりやすい場所です。
 用を済ませたら、すぐに片づけ、リモコンのみの状態に戻します。

・床に物を置かない
 床に物を置いて良いと一度自分に許してしまうと、だんだんと床が散らかってきます。
 ですので、絶対に床に物を置かないようにします。


寝室で気を付ける事

・掃除機をこまめにかける
 寝室は、ホコリがたまりやすい場所です。快適な睡眠をとるためにも、こまめに掃除機をかけます。

・物を極力置かない
 物がホコリを被ってしまうので、寝室に物を置く場合には、タンスや棚の引出し、クローゼットに収納するようにします。

・晴れた日には、布団を干す、シーツを洗う
 太陽の光を浴びた布団はとても気持ち良いものです。

・空気を入れ替える
 朝起きたとき、帰宅したときに窓を開けて空気を入れ替えます。
 朝、空気を入れ替えると、部屋が爽やかになり、快適に1日を過ごせます。