風呂場

風呂場の掃除

 浴槽と、床の掃除は毎日、入浴後に行います。
掃除道具は、取っ手が長いものを使うと短時間で済みます。
お風呂後に行うと、浴槽のお湯を活用できますし、水の節約にもなります。また、汚れは、お湯のほうが落ちやすいです。
週に1度、全体を掃除します。掃除をする前の晩の浴槽のお湯は捨てずにとっておき、節約します。
浴槽、壁、シャンプー等の容器周り、床、排水口のごみ受け等を掃除します。
排水口は、臭いや詰まり防止の為、専用の洗剤で定期的に洗浄します。


カビ対策

 お風呂場は、換気・乾燥が十分でないとカビが発生します。
換気機能が十分でないという方はカビ対策を行いましょう。
私が試して、効果があったカビ対策は、一度、風呂場を掃除しカビや汚れを綺麗に落としてから、”バイオお風呂のカビきれい”という商品を天井に貼るという方法です。バイオ(微生物)の力でカビを押さえてくれるという商品です。微生物といっても環境や人には無害だそうですので安心して使用できます。
洗浄力が強力な洗剤は、微生物を殺してしまうため、洗剤にも気を配ります。”緑の魔女”という洗剤がおすすめです。ドイツ生まれの洗剤で、こちらも微生物の力で、洗浄力を高めようという商品です。お風呂用の洗剤は、強力な洗剤が多いので肌荒れが気になりますが、こちらの商品は、手肌にやさしいそうです。
また、”緑の魔女”をつかってから、排水口が綺麗になったような気がします。
この洗剤は、トイレ用・キッチン用・洗濯用洗剤もあります。
しばらく愛用していましたが、キッチン用洗剤は泡立ちが物足りず(洗浄力は十分でした)、洗濯用洗剤は、洗い上がりが気に入らず(乾燥機なしのときは、いいのですが、我が家の乾燥機には残念ながら合いませんでした。)、今は他の商品を使用しています。
それでも、カビが出るという方は、お風呂後、水のシャワーで洗い流し、お風呂場の温度を下げる、さらに水滴を拭きとるという方法をとるとカビが繁殖しづらい環境が作れます。